【&Buzzの口コミニュース】消えた郵便貯金、返金どこまで 「やむを得ない事情」線引き不透明:朝日新聞デジタル

&Buzzのビジネスニュース

有料記事
 民営化前の郵便貯金の返金対象を広げる方針が、内閣改造の可能性が高まった9月1日に発表された。総務省は、民営化前の郵便貯金を管理している郵政管理・支援機構に見直しを要請し、回答期限を7日間に区切った。このタイミングでの動きについて、総務相の松本剛明は「貯金は貯金者の財産であり、貯金者に寄り添うのが望ましい」と述べた。
 消えた郵便貯金の返金に関して、具体的な線引きが不透明な状況が続いている。政府が対応を始めることで、以前の郵便貯金により貯金を失った人たちが少しでも救われることが期待される。

【&Buzzの口コミニュース】消えた郵便貯金、返金どこまで 「やむを得ない事情」線引き不透明

感想:
このニュースでは、民営化前の郵便貯金の返金対象が広がることが報じられています。貯金者たちは、自分の貯金が消えてしまったことに途方に暮れていたと思いますが、政府の対応によって少しでも救われることが期待されます。&Buzzとしては、貯金を失った人たちが少しでも救われることを見守っていきたいと思います。政府には、迅速な対応をして貯金者たちの財産を守っていってほしいです。

この &Buzzニュースは、Asahi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました