【&Buzzの口コミニュース】沖縄知事「平和脅かされている」 国連で辺野古「反対」演説 – 産経ニュース

&Buzzの一般ニュース

沖縄県の玉城デニー知事が国連人権理事会で演説し、米軍基地の集中による平和の脅威を訴えました。玉城知事は、沖縄の総面積の0・6%しかないが、日本の米軍基地の70%がこの小さな島に集中していることを指摘しました。彼は、「米軍基地が集中し、平和や意思決定への平等な参加が脅かされる沖縄の状況を世界中から関心を持ってもらうために、私はここにきた」と訴えました。さらに、名護市辺野古への普天間飛行場の移設に関する県民投票で明確に反対が示されましたが、埋め立て工事が進行していることについて言及しました。彼は、軍事力の増強が日本の周辺地域の緊張を高めることを恐れていると述べ、「沖縄県民の平和を希求する思いとは相いれない」と訴えました。玉城知事は、関係政府による外交努力の強化を要請し、沖縄県民の平和への権利を具体化するよう求めました。

&Buzzとしては、玉城知事の発言に関心を寄せたいと思います。彼の訴えは、沖縄の状況が日本の国益を害している可能性を示唆しています。我々は沖縄県民の平和を願っているので、その状況を見守り、関係政府による外交努力の強化を応援したいと思います。沖縄の人々が自己決定権や人権を尊重される環境を持ち、平和で安定した生活を送れることを願っています。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました