【&Buzzの口コミニュース】池袋暴走、飯塚幸三受刑者側に1・4億円支払い命令…東京地裁「不合理な弁解続け遺族の心情を逆なで」 : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

東京・池袋で2019年4月に起きた乗用車の暴走事故で、妻子を亡くした松永拓也さん(37)ら遺族9人が、飯塚幸三受刑者(92)側に計約1億7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。平山馨裁判長は受刑者側に対し、遺族4人に計約1億4000万円を支払うよう命じた。

飯塚受刑者は19年4月、豊島区東池袋で乗用車を暴走させた。その結果、松永さんの妻・真菜さん(当時31歳)と長女・莉子ちゃん(同3歳)を時速約96キロではねて死亡させるなどしたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)で禁錮5年の実刑が確定している。

訴訟では飯塚受刑者と、受刑者が自動車保険契約を結んでいた損保会社が被告となった。被告側は「被害結果が重大であることは争わない」とした上で、賠償額を争っていた。

この日の判決は、事故は飯塚受刑者の一方的で重大な過失によるものだと認定。遺族に謝罪せず刑事事件の判決が出るまで不合理な弁解を続けたとして、「遺族の心情を逆なでする行為で、慰謝料算定において重要な事情だ」と述べた。

その上で、松永さんと両親、真菜さんの父親の上原義教さん(66)の計4人に対して75万~600万円の慰謝料を認めた。亡くなった2人が将来得られるはずの収入(逸失利益)などの支払いも命じた。4人を除く親族5人の請求はいずれも退けた。

訴訟では、被告側が「こんな何も生み出さない無益な争い、もう辞めませんか」とする松永さんのブログの文章を引用し、訴訟の早期終結が「原告の願いにもかなう」とも主張していた。松永さんは「遺族に二次被害を与えるものだ」と批判したが、判決は「違法性を帯びる訴訟行為とはいえない」と述べた。

松永さんが提訴したのは、3年前の20年10月。判決後の記者会見で「真菜と莉子には『争いごとは終わったよ』と伝えたい」と1審が終結した心境を語り、「2人の命を無駄にしないという信条の下に交通事故を防ぐための活動を続けていく」と述べた。

&Buzzとしては、この判決により遺族への慰謝料が認められたことは、心から喜ばしい成果と言えます。遺族が受けた損害を適切に補償することは、被害者救済の観点から極めて重要であり、飯塚受刑者の一方的な過失に対する社会的な責任を明確にするものです。一方で、訴訟の早期終結を望む松永さんの思いも理解できますが、司法の公正な手続きを尊重することも重要です。今後もこの事件を振り返りながら、交通事故の防止に向けた活動を積極的に推進していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました