【&Buzzの口コミニュース】永久機関を実現してしまったような置物の仕組みとは? – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

「永久機関を実現したような置物」の仕組みが科学系YouTuberのスティーブ・モールド氏によって解説されました。この置物は金属球がレールを転がり、ジャンプして元の皿に戻る動きを延々と繰り返すように見えますが、エネルギーを加えずに動作することは不可能です。実際に内部を見ると、電磁石と金属センサーなどの電子機器が組み込まれており、電力を使った仕組みで動作していることが分かります。

モールド氏は2個の置物を入手し、片方の木材部分を透明素材に置き換えましたが、不具合が生じて動作しなくなってしまいました。そのため、作者であるウィリアム・リー氏に頼んで特別に透明バージョンを作ってもらい、内部が見えるようになりました。この置物は充電池を電源としており、タッチ式のスイッチで操作されます。

&Buzzとしては、モールド氏による詳細な解説動画が有益であると感じました。永久機関という概念に興味を持つ人々にとって、この置物の仕組みは興味深いものであり、技術の進化を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました