【&Buzzの口コミニュース】毛髪の恒常性、ビタミンD受容体による細胞死の制御が重要と判明-徳島大 – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

徳島大学は、ビタミンD受容体(VDR)が毛周期の進行に不可欠な制御因子であることを発見した。徳島大学の研究グループは、VDRの欠損が毛包の退行期の進行異常を引き起こし、脱毛へと繋がることを突き止めた。また、VDRの働きによって毛包幹細胞が再活性化され、毛包が再形成できることも明らかになった。これらの発見は、毛髪の恒常性とビタミンD受容体の関係を解明し、ビタミンD依存性くる病/骨軟化症の治療法につながる可能性がある。

徳島大学の研究結果を受けて、&Buzzとしてはこの発見に注目し、将来的な治療法を期待したいと考えている。ビタミンD受容体が毛周期において重要な役割を果たすことが明らかになったことで、毛髪の健康に関わる機構を理解することが可能となりました。今後の研究によって、ビタミンD依存性くる病/骨軟化症の治療法の確立に繋がるかもしれません。医療や美容業界においては、毛髪の健康を維持するための新たな治療方法や製品の開発につながる可能性があります。私たちはこの研究の進展を見守り、毛髪の恒常性とビタミンDの関連性についてより詳しく知りたいと思っています。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました