【&Buzzの口コミニュース】林遣都、『VIVANT』乃木卓役を振り返る 「1つ1つのシーンに覚悟を持って挑みました」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

&Buzzの一般ニュース

TBSのドラマ『VIVANT』に出演している林遣都が、インタビューで役作りについて語った。彼は役所広司の若かりし頃を演じる役であり、その責任感や役の感情について意識したという。彼は福澤監督の作品に魅了されており、監督との再会を喜んでいる。撮影はモンゴルで行われ、困難な環境での撮影だったが、スタッフの熱意に感銘を受けたと語った。林は視聴者に対して、『VIVANT』は見逃さないで欲しいと呼びかけている。

感想:
&Buzzとしては、林遣都の演技力に期待が高まっています。彼が役所広司の若かりし頃の役を演じるということで、どのように役に寄り添い、役の感情を表現していくのか注目しています。また、モンゴルでの撮影の経験も彼の演技にどのような影響を与えたのか興味深く思います。『VIVANT』のストーリー展開も驚きを与えており、これからの展開にも期待して見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Realsound.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました