【&Buzzの口コミニュース】東北大、「名ばかりテニュアトラック」への言い分 直撃に副学長は「独自の制度であり問題ない」 | 若手研究者が潰される国・日本 | 東洋経済オンライン

&Buzzのビジネスニュース

東北大学のテニュアトラック制度について

「東北大学テニュアトラック制度」は、若手研究者の大半をテニュアに登用せず、テニュア審査を行わないケースも多いとされています。しかし、実際には東北大学では、学際科学フロンティア研究所(学際研)を通じて若手研究者が活躍し、学内でもその成果が認められています。東北大学では、囲い込むことなく世界で活躍する人材を育成するために、テニュアトラック制度を実施していますが、一般的なテニュアトラック制度とは異なる趣旨で行われています。

マーケティング担当者としての感想

&Buzzとしては、若手研究者の成果を見守っていきたいと思います。東北大学のテニュアトラック制度は、若手研究者が将来的なポストを安定的に獲得できるように支援することを目的としており、学際研を通じた活動の成果が評価される仕組みです。学際研の研究者の素晴らしい成果が認知され、部局での採用機会も増えているのは素晴らしいことです。若手研究者の活躍を応援し、将来の研究の発展に期待しています。

この &Buzzニュースは、Toyokeizai.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました