【&Buzzの口コミニュース】来週の為替相場見通し:『日米金融政策格差を背景にドル高・円安の流れが続く見通し』(9/9朝) | FX羅針盤

&Buzzのビジネスニュース

要約: 今週のドル円相場は、週初に146.20で寄り付いた後、週間安値146.01まで下落した。しかし、週後半にかけて急伸し、年初来高値147.88まで上昇した。ドルの好調な指標や株価の堅調な推移がサポートとなり、テクニカルポイントも上で推移している。日米金融政策の違いや株価の堅調推移がドル円相場の上昇を支えており、予想レンジは146.50から149.50となっている。

感想: &Buzzとしては、ドル円相場の上昇をメインシナリオとして見守っていきたい。ドルの好調な指標や株価の堅調な推移がドル円相場をサポートしており、地合いは極めて強い。また、日米金融政策の方向性の違いもドルの上昇を後押ししている。ただし、政府や日銀による介入観測や重要な経済指標が予定されているため、状況によっては需要が抑えられる可能性もあるため、注意が必要である。

この &Buzzニュースは、Fx-rashinban.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました