【&Buzzの口コミニュース】来年度の診療報酬改定 “処遇改善し人材確保など重点” 厚労省 | NHK | 厚生労働省

&Buzzのビジネスニュース

要約:

厚生労働省は、来年度の診療報酬改定に向け、医療分野での処遇の改善を重点課題とする案を示しました。医療機関に支払われる診療報酬は2年に1度改定され、来年度は介護報酬と同時に改定が行われます。賃上げの動きが広がっていることを考慮し、医療分野でも処遇改善を通じて人材の確保を図り、医師の働き方改革や医療DXの推進、医療と介護の連携強化などを重点課題と位置づけるとしています。報酬改定の基本方針は今年12月に策定される予定で、意見を踏まえて議論を進めることになっています。

感想:

&Buzzとしては、診療報酬の改定に向けての厚生労働省の取り組みに注目すべきです。医療分野でも処遇の改善を通じて人材の確保が図られることは非常に重要であり、賃上げの動きや医師の働き方改革の推進とも連携して考える必要があります。また、高齢化と人口減少の中で質の高い医療が効率的に提供されるために、マイナ保険証を活用した医療DXの推進や医療と介護の連携も重要です。患者や保険財政の負担増加に配慮しながらも、報酬改定による効率化も必要です。診療報酬改定の基本方針の策定には、医療関係者や患者の意見も十分に反映されることを期待しています。&Buzzとしては、これらの取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました