【&Buzzの口コミニュース】杉村太蔵、「サンジャポ」で市川猿之助被告の「許されるのであれば舞台にも立ちたい」との供述に疑問…「自分が犯した事の重大性が分かってないんじゃないか」 : スポーツ報知

&Buzzのエンタニュース

TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・午前9時54分)は22日、市川猿之助=本名・喜熨斗(きのし)孝彦=被告(47)の初公判が20日に東京地裁で行われ、被告は起訴内容を認めたことを報じました。
検察側は供述調書から、被告が歌舞伎に関わり、舞台に立ちたいという意向を持っていることを明らかにしました。検察は懲役3年を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審しました。判決は11月17日に言い渡される予定です。

この供述に対し、元衆院議員の杉村太蔵は「驚きました。ただ、ご自分が犯したことの重大性を理解していないのではないか」と疑問を投げかけました。彼はさらに、「二度と復帰するなとは思わないですけど、やはり、彼の犯した行為の重大性を理解しているのか疑問です。歌舞伎界に与えた傷の深さをどれほど理解しているのでしょうか」と指摘しました。

&Buzzとしては、市川猿之助被告の復帰の意向に対して、温かく見守りたいと思います。彼が自殺ほう助の罪を犯したことは重大な問題ですが、彼が反省し、再び舞台に立つことを望んでいるのであれば、彼の意欲に応える機会を与えることも必要かもしれません。

しかし、彼が自分の犯した行為の重大性を理解しているのか、そしてこの事件が歌舞伎界に与えた影響を理解しているのかについては疑問があります。この事件によって歌舞伎界に対する誤解が生じる可能性もあります。歌舞伎界や一般の人々が彼の復帰を容認することで、自殺ほう助が許されるという誤ったメッセージが広まることは避けなければなりません。

復帰に向けて、市川猿之助被告が真摯に反省し、社会的な影響を理解する姿勢を示すことが重要です。彼が再び舞台に立つことが許されるのであれば、彼自身が自分の行為から学び、他者に償いをする意識を持つことが求められます。市川猿之助被告の復帰が社会的な意義を持つためには、彼の真摯な反省と再起への献身が不可欠です。

この &Buzzニュースは、Hochi.newsのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました