【&Buzzの口コミニュース】札幌にやまぬ「逆風」 34年以降の五輪招致視野も厳しい情勢 | 毎日新聞

&Buzzのスポーツニュース

2030年冬季オリンピック・パラリンピックの招致活動について、札幌市が断念する方針を固めたと報じられています。札幌市は東京五輪の汚職事件などで「逆風」に直面しており、実現可能性に疑問が生じています。招致の目標変更については以前から議論されており、市長選後に招致反対派の候補に票が流れるなどの影響もありました。また、中国の杭州で開催されたアジア大会での情報を受け、30年大会の招致を断念する判断がなされました。市は汚職や談合事件に対する「大会運営見直し案」の中間報告を策定し、市民説明会も行っていましたが、招致活動を続けていく姿勢を持っていたようです。しかし、JOC委員からの連絡を受け、30年大会への招致は望めないと判断されたようです。

このニュースに対して、&Buzzとしては札幌市の招致断念に対して見守っていきたいと思います。招致活動には様々な課題があることが報じられていますが、それにも関わらず市は決断を下したことは注目に値します。今後の札幌市の方針転換や招致活動、他都市との競争などにも注目して応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました