【&Buzzの口コミニュース】映画「ターミネーター」をもとに科学者が菌類を用いて「再生する生きた皮膚」を生み出す – ライブドアニュース

&Buzzのサイエンスニュース

ニューストップ

アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作の1つである映画「ターミネーター」には、T-800というキャラクターが登場します。T-800は、人間と同じような細胞組織で覆われたチタン合金の骨格を持っており、見た目は人間そっくりです。この映画にインスピレーションを得た科学者が、菌類を使って「生きた皮膚」を作り出すことに成功しました。

この研究は、バレンシア工科大学のアントニ・ガンディア氏と西イングランド大学のアンドリュー・アダマツキー氏によって行われ、論文掲載サイトResearch Gateにプレプリント(未査読論文)として掲載されました。

研究者たちは寒天で作った固定培地に霊芝固着菌を入れ、模型の周りに付着させて培養しました。わずか5日でターミネーターの模型は菌糸体に包まれ、自己再生する皮膚となりました。この菌から作られた皮膚は軽く、触覚に敏感で、栄養がある場合でも損傷を自己修復することができます。

この研究は建築物に応用され、温度調整の役割を果たす「生きた表皮」の開発に役立つことが期待されています。

&Buzzとしては、この研究の成果が建築物に応用されることで、より持続可能な環境を実現する一助となることを期待しています。また、映画「ターミネーター」のようなフィクションが現実になる可能性にも興味を持ちます。このようなテクノロジーの進歩により、私たちの生活はますます便利で魅力的なものになるでしょう。

この &Buzzニュースは、Livedoor.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました