【&Buzzの口コミニュース】映画「ターミネーター」をもとに科学者が菌類を用いて「再生する生きた皮膚」を生み出す – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

「ターミネーター」に登場するT-800のような生きた皮膚が、菌類を用いて作り出されたという研究が行われています。

バレンシア工科大学と西イングランド大学の科学者が、高さ7インチの「ターミネーター」の模型に霊芝固着菌を付着させ、たった5日で菌糸体が形成されたと報告しています。この「生きた自己再生する霊芝固着菌糸体」は、軽くて触覚に敏感で、栄養がある限り損傷から自己修復するとのことです。

&Buzzとしては、この研究は建築物に応用する可能性があり、温度調整の役割を果たす「生きた表皮」の開発につながる可能性があると注目しています。また、映画のインスピレーションを科学研究に活かすというアイデア自体にも驚きを覚えます。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました