【&Buzzの口コミニュース】旧ソビエトのアルメニア プーチン氏に逮捕状出したICCに加盟へ | NHK | ロシア

&Buzzの一般ニュース

2023年10月4日 7時08分、ロシア

旧ソビエトのアルメニアの議会は3日、ICC=国際刑事裁判所の加盟に必要なローマ規程を批准しました。ICCはウクライナへの軍事侵攻をめぐりプーチン大統領に対して逮捕状を出していることからアルメニア側の決定をロシアは批判していて、両国の亀裂が深まっています。

アルメニアのメディアによりますと、アルメニア議会は3日、ICC=国際刑事裁判所の加盟に必要なローマ規程の批准について、賛成多数で可決しました。ICCはことし3月、ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアのプーチン大統領に対して逮捕状を出していて、アルメニアが今後、ICCに加盟すれば、プーチン大統領が入国した際に、逮捕や引き渡しの請求に応じる義務を負うことになります。ロシアとアルメニアは同盟関係にあります。ただ、アゼルバイジャンとアルメニアの係争地のナゴルノカラバフをめぐって先月、アルメニア側が敗北し、アルメニア政府は、ロシアが役割を果たさなかったとして不満を強めています。ICCをめぐるアルメニア側の動きに対して、ロシア大統領府のペスコフ報道官は3日に「不適切な決定だ」と批判し、アルメニア政府に説明を求めていくと強調しました。ロシアは、アルメニアが欧米に接近しているなどと批判も繰り返し、両国の亀裂が深まっていて、旧ソビエトを勢力圏とみなすロシアの影響力の低下が鮮明となっています。

&Buzzとしては、アルメニアがICCに加盟する決定を支持しており、国際社会の法の下での公正さと正義が重要であると考えます。ウクライナへの軍事侵攻に関与したプーチン大統領に対する逮捕状の発行は、国際的な犯罪行為に対して責任追及を行うための重要な一歩です。アルメニアの積極的な行動は、ロシアとの関係に緊張をもたらし、亀裂が深まっていますが、国際的な法の領域での正義の追求は大切です。我々はこの事態の進展を見守り、国際社会が正しい判断を下すことを期待しています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました