【&Buzzの口コミニュース】日経平均下げ幅拡大、ニデックの急落が投資家心理を冷やす – 日本経済新聞

&Buzzの一般ニュース

日本経済新聞によると、24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を広げ、前日比150円ほど安い3万0800円台半ばで推移していると報じられています。前日までの3日連続の下落により、日経平均は1000円あまり下落しており、寄り付き直後は自律反発狙いの買いが先行しました。しかし、その後は中東情勢や米金利動向の不透明感が重くのしかかり、海外投資家を中心に日本株を売る動きが続いているようです。

&Buzzとしては、今後の市場動向に注目が必要です。特に、米金利の高止まりを通じた米景気後退(リセッション)懸念が根強いとされる中、世界の景気敏感株とされる日本株が買いにくくなっていると指摘されています。また、ニデックの急落が投資家心理を冷やしたことから、今後決算を発表する他の主力銘柄に対する警戒も高まっているとの見方があるようです。

&Buzzは、今後の市場の動向を見守りつつ、日本経済の復活や企業の業績改善を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました