【&Buzzの口コミニュース】日産、化学物質の制限品目4年で2倍 法規制上回る対応 – 日本経済新聞

&Buzzのサイエンスニュース

日本経済新聞(NIKKEI)の記事「日産、化学物質の制限品目4年で2倍 法規制上回る対応」によれば、日産自動車は2023年度までに使用を制限する化学物質などを7600品目と過去4年で2倍に増やしたことが分かったと報じられました。欧州ではPFAS(有機フッ素化合物)の規制も段階的に禁止されており、日産は仏ルノーと共に自主規制を進めています。この対応は環境や人体に有害な物質の制限対象が広がる中でのものであり、自動車の供給網全体での対応が求められています。

&Buzzとしては、日産自動車の環境への取り組みに対して注目しており、今後の対応を見守っていきたいと思います。環境への負荷を減らし、持続可能な社会の実現に向けて、自動車メーカーが積極的な対策を講じることは重要です。日産自動車の取り組みが他の企業にも広まることを期待し、環境保護に寄与していくことを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました