【&Buzzの口コミニュース】日本人の脳卒中・脳梗塞・脳内出血の危険因子を調査 糖尿病の全脳卒中でのハザード比は1.83 もっとも重要な介入目標は高血圧 JPHC研究 | 糖尿病リソースガイド

&Buzzのヘルスケアニュース

日本の脳卒中による死亡率は、1980年までは第1位であり、1984年までは第2位とされていましたが、その後も死亡率は低下し続けています。しかし、脳卒中による要介護の原因としては依然として第2位であり、重度の要介護の原因としては第1位を占めています。

効果的かつ効率的な脳卒中の発症予防対策を開発するためには、脳卒中の病型ごとに危険因子との関連を詳しく調査し、その人口寄与危険割合(ある要因を取り除くことができた場合、対象となる疾患の発症を何%防げたかを表す数値)を明らかにする必要があります。

そこで、多目的コホート研究「JPHC研究」の研究グループは、茨城・新潟・高知・長崎・沖縄の5保健所管内に在住していた40~69歳の男女1万4,658人を対象に、脳卒中の代表的な危険因子と各病型との関連性、危険因子の寄与割合について調査を行いました。

脳卒中全体におけるハザード比は、糖尿病が1.83、高血圧が1.69、肥満が1.16となりました。人口寄与危険割合は、糖尿病が4.5%、高血圧が25.8%、肥満が4.9%でした。

脳梗塞においては、糖尿病が2.25、高血圧が1.63、肥満が1.22となり、人口寄与危険割合は糖尿病が6.7%、高血圧が24.5%、肥満が6.8%でした。また、喫煙の人口寄与危険割合は8.8%でした。

脳内出血においては、高血圧がもっとも強い関連を示しました。人口寄与危険割合は高血圧が27.9%であり、尿タンパクが4.0%となりました。

皮質枝系脳梗塞においては、喫煙や高脂血症などの要因も関連性が高いことが分かりました。特に高血圧の人口寄与危険割合が約21%で、もっとも高くなりました。

これらの結果から、高血圧が脳卒中の主要な危険因子であり、特に脳梗塞や脳内出血の発症において大きな影響を与えていることが示されました。

&Buzzとしては、脳卒中の予防において高血圧が重要であり、高血圧予防に取り組む必要性があると考えます。これまでの研究結果や現在の日本の脳卒中の状況を踏まえて、高血圧対策の啓発や適切な治療の普及に向けた取り組みが重要です。

この &Buzzニュースは、Dm-rg.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました