【&Buzzの口コミニュース】新型マツダ6はほんとに出るのか? クラウンセダンとの協業は? 走りが最高のFR+直6のスポーティセダンになる! – 自動車情報誌「ベストカー」

&Buzzのビジネスニュース

マツダは、ラージサイズのSUVラインナップを充実させる計画を進めており、CX-60、CX-90、CX-70に加えて、2024年初頭にはCX-80も日本市場に登場する予定です。これらの車種はすべてSUVであり、このSUVシリーズの成功によって、マツダはFRと直列6気筒エンジンを搭載したミドルセダンであるマツダ6を発売する可能性が噂されています。

しかし、現在のところ、マツダ6に関しては具体的な情報はなく、マツダの幹部もミドルセダンの開発計画について明言していません。また、マツダとトヨタがクラウンセダンとマツダ6を共同開発する可能性も考えられましたが、トヨタの開発関係者はそのような話はないと否定しています。

これは、マツダがラージプラットフォームを使用しているため、FRセダンを作るのは難しいとされていることも関係しています。さらに、マツダはマツダ6の後継車種について、CX-5のオーナーにも提案できるものを考えているという発言をしており、具体的にFRセダンを検討しているわけではないようです。

マツダ6にはFRと直列6気筒エンジンを搭載することで、スポーティな走りを実現する可能性があります。ただし、FRベースになることで価格が上がる可能性もあるため、デザイン面でも引き算デザインを期待しているファンもいます。

マツダ6の具体的な展開はまだ不透明ですが、マツダファンやスポーティセダンの愛好家にとっては、期待が高まっています。そして、マーケティング担当者としては、マツダ6の展開を見守りながら、その成功を応援していきたいと感じています。

この &Buzzニュースは、Bestcarweb.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました