【&Buzzの口コミニュース】新型コロナ5類移行後 新変異株急増で患者数最多に 都内の病院「まだ増えていく」

&Buzzのサイエンスニュース

要約:

東京都内の昭和大学病院で、新型コロナウイルスの患者数が5類移行後最も多くなっており、一般の医療にも影響が出ていることが明らかになりました。感染力が強いとされる新たな変異株「EG.5」の割合が増え、現在患者の6割を占めています。従来のワクチンはこの変異株に効きにくいとされており、相良院長は市中感染の増加を予測しています。外来での陽性率も50%を超えており、感染対策を強化する必要があると呼び掛けています。

&Buzzの感想:

&Buzzとしては、新型コロナウイルスの変異株の増加による患者数の増加に大変懸念しています。感染力が強いとされる「EG.5」の割合が急上昇しており、現在のワクチンの効果が限定されていることが問題です。市中感染も増え続ける可能性があり、一般の医療にも影響が出てくることは避けられません。私たちはこの情報をしっかりと把握し、感染対策を徹底することが必要です。また、患者の増加により医療機関が負担されることも予想されますが、医療従事者の方々には感謝と敬意を表します。&Buzzとしては、医療体制の維持と患者の早期回復を見守っていきたいと思っています。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました