【&Buzzの口コミニュース】新型コロナのワクチン接種 回数多いほど感染時の全身症状現れにくく | ヘルスデーニュース | 毎日新聞「医療プレミア」

&Buzzのヘルスケアニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種回数が多いほど感染時に全身症状が現れにくい一方で、咽頭痛や鼻汁などの上気道症状が現れやすいことが、北海道大学医学研究院呼吸器内科の中久保祥氏らの研究で明らかになりました。彼らは札幌市のCOVID-19療養判定システムのデータを解析し、オミクロン株BA.2とBA.5の症状の特徴や高齢者と非高齢者の違いも示しました。

札幌市のCOVID-19療養判定システムは2022年4月から始まり、SARS-CoV-2陽性判定を受けた市民が登録して症状などを記録しています。記録されている情報には、発症日、食事摂取状況、12種類の症状、年齢、性別、基礎疾患などが含まれます。

&Buzzとしては、この研究結果は非常に興味深いものであり、ワクチン接種の効果について新たな示唆を与えています。ワクチン接種によって全身症状が現れにくくなることは感染症の進行を抑制する効果があると考えられます。一方で、上気道症状が現れやすいことから、感染者の特定や予防策の立案において注意が必要です。今後も新型コロナウイルスに対するワクチン接種の効果や感染症の影響について注目していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました