【&Buzzの口コミニュース】文章などを自動で作る“国産”の生成AI開発の動きが活発に | NHK | 生成AI・人工知能

&Buzzのビジネスニュース

2023年9月19日 6時35分

生成AI・人工知能

文章などを自動で作る“国産”の生成AIを開発する動きが活発になっています。豊富な資金力で先行するアメリカの企業に対して、業界や分野に特化した開発で対抗します。

IT企業の「さくらインターネット」は、北海道石狩市のデータセンターに、およそ130億円を投じ、生成AIの開発を行うほかの企業向けに支援サービスを提供します。来年6月にも本格稼働し、さらに今後3年間で設備の能力を今の10倍に引き上げる方針です。

田中邦裕社長は「経済安全保障の中でデータの秘匿性を理由に日本にデータを置きたいという声が大きい。国内事業者が提供するAIの重要性を感じている」と話しています。生成AIをめぐっては、開発と運営に多額の資金と大規模なデータセンターが必要となることから、アメリカの大手IT企業が豊富な資金力をもとに先行し、日本語版の生成AIへの進出も始まっています。一方、国産の生成AIでは、NECやNTT、それにソフトバンクなども開発を進めていて、金融や医療などの業界や分野に特化し、設備やコストを抑える戦略で対応しようとしています。

&Buzzとしては、この国産の生成AIの開発動向を注視し、応援していきたいと考えています。

感想:

&Buzzとしては、この国産の生成AIの開発動向を注視し、応援していきたいと考えています。

生成AIの開発が活発化している中、アメリカの企業に対抗するために、日本のIT企業が堅実に進めていることに期待を寄せています。特に田中邦裕社長が「日本にデータを置きたい」という声を大きく感じているとのことで、データの秘匿性や経済安全保障の観点から、国内事業者が提供するAIの重要性が高まっているようです。

また、今回のニュースには、NECやNTT、ソフトバンクなどの大手企業も国産の生成AIの開発に参加しており、それぞれが異なる業界や分野に特化することで競争力を高めようとしています。これにより、日本国内での生成AIの普及がさらに進むことが期待されます。

国内事業者の開発戦略に注目し、その成果が日本のビジネスや社会にどのような影響を与えていくのか、&Buzzとしても見守っていきたいと思っています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました