【&Buzzの口コミニュース】故ジャニー喜多川による性加害問題に関する被害補償の受付窓口のお知らせ | ジャニーズ事務所 | Johnny & Associates

&Buzzの一般ニュース

2023.9.15

故ジャニー喜多川による性加害問題に関する被害補償の受付窓口のお知らせ

故ジャニー喜多川による長期間に亘る性加害につき、被害者の皆様に心よりお詫びを申し上げます。

今月13日に設置をお知らせした被害者救済委員会による補償受付窓口につき、被害者救済委員会より、設定が完了した旨の連絡を受領しましたので、以下のとおりお知らせいたします。

補償の受付方法について

下記ウェブサイトのフォームよりお申し込みをお願いいたします。

https://www16.webcas.net/form/pub/j-hosho/contact

今月13日のお知らせにも記載いたしましたとおり、以下の点につき、併せて、ご留意ください。

・ 上記窓口において受け付けた申告内容については、プライバシーに厳重に配慮して取り扱い、被害者救済委員会にて管理されます。寄せられた申告内容及び申告した方の個人情報は、申告した方から特段のお求めがない限り、弊社に対しては被害者救済委員会による審査・査定のため、被害者救済委員会が弊社に関連する資料・情報の提供を求める際に、弊社に開示する必要がある限度において提供されるにとどまり、その範囲を超えて弊社に情報が共有されることはありません。

いずれにせよ寄せられた申告内容及び申告した方の個人情報については、被害者救済委員会及び弊社のいずれにおいても厳に秘密を保持し、補償を実施する目的以外に使用することはありません。

・ 以下の関連資料をお持ちの方は、被害者救済委員会にご提供ください。

なお、これらの資料がなくても被害者救済委員会の審査・査定の対象となり、これらの資料がないことを理由に補償を拒むことはありません。

① 弊社にタレント又は研修生(「ジャニーズJr.」等)として所属していたことが分かる資料

② 性加害により受けた影響に関する診断書などの資料

・ 被害者救済委員会は、申告した方に対して面談によりお話を伺うことや、必要に応じてお手元にお持ちの資料・情報のご提供をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

・ 被害者救済委員会の各委員の弁護士は、被害を申告した方の代理人として相談を受けるものではありませんので、ご留意ください。

2023年9月15日株式会社ジャニーズ事務所

—————————————-

このニュースは、ジャニーズ事務所に関連する性加害問題の被害者の補償受付窓口についてのお知らせです。被害者救済委員会が設置され、ウェブサイトのフォームから申し込みができます。申告内容や個人情報は厳重に管理され、補償のために必要な範囲でのみ情報が開示されます。被害者救済委員会への関連資料の提供は任意であり、資料がなくても補償の審査・査定の対象になります。委員会は必要に応じて面談や資料の提供を求める場合がありますが、弁護士は代理人としての相談は受け付けません。ジャニーズ事務所は被害者の補償に対し、真摯に対応していることが伺えます。&Buzzとしては、被害者救済委員会の活動を見守り、被害者の支援につながるような対応を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Johnny-associates.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました