【&Buzzの口コミニュース】政策修正の場合、賃金上昇率や総需要など総合的に判断=日銀総裁 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

【要約】

日銀の植田和男総裁は、イールドカーブ・コントロール(YCC)の撤廃やマイナス金利の修正を判断する際には、賃金上昇率が重要であるが、総合判断が必要であると述べた。現在の状況では賃上げの持続性を確認できず、金融緩和を継続する必要があるとしている。賃上げの持続性が物価目標達成の見通しを示す場合、YCCの撤廃も視野に入るとのこと。

【感想】

&Buzzとしては、日銀の政策修正に関する動向には継続的に注目していきたいと考えています。現在の状況では、賃上げの持続性が物価目標達成の鍵となっており、賃上げの動きにも注目が必要です。また、賃上げの持続性を確保するためには、生産性向上や人への投資など、企業の努力が必要であると思われます。今後の経済動向によっては、金融政策の修正が検討される可能性もありますが、その際には総合的な判断が行われるとのことです。&Buzzは、今後も日銀の動向を見守り、効果的な経済政策の実現に向けて応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました