【&Buzzの口コミニュース】抗菌薬と一緒に「整腸剤」が処方されるのはどうしてなのか|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

要約:

感染症の治療には抗菌薬が使われ、抗菌薬が処方される際には多くの場合、整腸剤も一緒に処方される。抗菌薬は細菌に対して殺菌作用や制菌作用があり、腸内細菌にも影響を及ぼす。抗菌薬の副作用として下痢があり、整腸剤は抗菌薬による下痢を予防するために一緒に処方される。

感想:

&Buzzとしては、抗菌薬の重要性について再認識しました。抗菌薬は感染症の治療において必要な薬であり、多くの人々の命を救っています。しかし、抗菌薬には副作用や腸内細菌への影響もあります。今後は、抗菌薬の使用による健康被害を最小限に抑えるために、整腸剤や他の対策も併用し、患者の健康と快適な生活をサポートしていく必要があります。また、新たな抗菌薬の開発や感染予防の技術の進歩にも注目し、安心・安全な医療を提供するために必要な取り組みを見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました