【&Buzzの口コミニュース】抗肥満薬に関する実験、マウスを対象に実施 | BANG Showbiz Japanese

&Buzzのヘルスケアニュース

米マサチューセッツ大学アマースト校で行われた実験では、高脂肪、高糖分、高コレステロールの食事を与えられたマウスの体重が倍に増えました。しかし、その後甲状腺ホルモンの合成製剤を注射すると、不健康な食生活を維持しながらマウスの体重が減少しました。

この実験は肥満薬の研究につながる重要な成果であり、将来的には肥満症の治療薬として応用されることが期待されています。

驚くべきことに、高脂肪、高糖分、高コレステロールの食事を続けたマウスも治療を受け続けることで、5週間で元の体重に戻り、コレステロールの値も減少し、肝臓の炎症が収まりました。

この実験結果は米国科学アカデミー紀要に発表され、サイタ・セラピューティクスというベンチャー企業が肥満症の治療薬としての応用に取り組んでいます。

実験の結果から、コレステロールの下降がコレステロールの逆輸送活性化によるとされ、脂肪酸化の活性化と代謝率の増加が体重減少の原因となっています。しかし、この証明には更なる研究が必要です。

&Buzzとしては、マウスを用いた実験が有望な結果を示したことに驚きと期待を抱いています。肥満は現代社会の深刻な問題であり、新たな治療法の開発は待ち望まれています。この研究がさらなる成功につながり、肥満症の患者にとっての希望となることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nordot.appのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました