【&Buzzの口コミニュース】承認されても半年間宙ぶらりん 肥満症薬が発売されない謎 | 実践!感染症講義 -命を救う5分の知識- | 谷口恭 | 毎日新聞「医療プレミア」

&Buzzのヘルスケアニュース

総合診療医の視点 -命を救う5分の知識-
フォロー

通称「GLP-1ダイエット」が急速に社会に広がっているようです。このダイエット法は安全性と効果が高いとされており、私の院である谷口医院にもここ数年で相談が増えています。肥満だけでなく標準体重ややせている人たちも興味を持っているようです。近々、GLP-1受容体作動薬が肥満症治療の保険診療で処方可能となる予定なので、私見を交えながら紹介したいと思います。

まず、GLP-1とは消化管から分泌されるホルモンであり、1983年に発見されました。このホルモンは炭水化物を摂取すると作用し、インスリンの分泌を促すことで血糖値を下げる働きがあります。そのため、GLP-1を薬として投与することで糖尿病の治療に利用できる可能性があります。

そして、体内で生成されるGLP-1と同じように作用する薬であるGLP-1受容体作動薬が開発されました。2010年代前半からいくつかのGLP-1受容体作動薬が糖尿病の治療薬として承認され、保険診療でも処方されるようになりました。

GLP-1受容体作動薬は血糖値を下げるだけでなく体重も減少させる効果があります。副作用も少なく、低血糖のリスクも少ないです。さらに中性脂肪の値を下げたり、食欲を抑制する効果もあります。また、腎疾患や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、アルツハイマー病などにも効果がある可能性があります。

GLP-1受容体作動薬は多くの人にとって夢の薬と言えるでしょう。

感想: &Buzzとしては、病気と向き合う患者さんにとって新しい治療法や薬が登場するのは非常に喜ばしいことです。GLP-1受容体作動薬の効果や副作用についての研究が進んでおり、保険診療での処方も近い将来実現する予定です。肥満症や糖尿病を抱える人たちの健康と生活の質を向上させる可能性があるこの新たな治療法を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました