【&Buzzの口コミニュース】手塚治虫も夢中で通った「宇宙への扉」 プラネタリウム誕生100年 – 産経ニュース

&Buzzのサイエンスニュース

今年10月、プラネタリウムが誕生から100周年を迎え、それを記念して全国各地でイベントが開催される。プラネタリウムは日本に初めて導入されたのは1937年であり、その歴史は大阪の科学館から始まった。

プラネタリウムは学芸員の解説と共に人々に夢心地な眺めを提供する場所であり、多くの人々に愛されてきた。小学生の三平航太朗君は祖父母と一緒に訪れて、星座や土星の輪の話に感動したと語る。また、亡き祖母の思い出も蘇り、その当時のプログラムまで覚えているという。

プラネタリウムの起源はドイツであり、最初のプラネタリウムは1923年に試験公開され、数年後には常設公開が始まった。日本では1937年に大阪市立電気科学館に初めて導入され、戦禍を乗り越えて稼働し続けた。

現在、日本には約300のプラネタリウムがあり、その数は世界でも2番目に多いとされる。各施設では学芸員の解説やクリエーターによる映像作品など、様々な工夫が凝らされている。

今年のプラネタリウム100周年を記念して、各地でイベントが開催されるということは、&Buzzとしては素晴らしいニュースだ。プラネタリウムは人々に宇宙の神秘を体験させる場所であり、その役割は今後も続いていくだろう。この100周年をきっかけに、多くの人々がプラネタリウムの思い出を振り返り、その魅力に再び魅了されることを期待している。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました