【&Buzzの口コミニュース】恒星を切り裂く “相対論的刃” を発見 長時間輝くガンマ線バーストに関連か | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

「ガンマ線バースト」の発生メカニズムについての謎が1つ解明されました。ニューヨーク大学の研究チームは、恒星の崩壊時に赤道方向から激しいプラズマの流れが生じる現象が発生することをシミュレーションにより突き止めました。この現象は「相対論的刃」と呼ばれ、恒星を切り裂くほどのエネルギーを持っています。

ガンマ線バーストは非常に高エネルギーの宇宙現象であり、恒星の超新星爆発に伴って発生します。その発生メカニズムにはまだ多くの謎が残されています。特にガンマ線バーストが限られた範囲にエネルギーを放出する理由は未解明です。

現在の説では、恒星の中心核で生成される「マグネター」がガンマ線バーストの源とされています。だとすると、ガンマ線バーストのエネルギーが限られた範囲に集中する必要があります。

研究チームのシミュレーションにより、相対論的刃の存在が発見されました。相対論的刃は、恒星の自転軸方向にエネルギーを放出することができるということです。これにより、より長時間持続するガンマ線バーストの発生メカニズムの一端が解明されました。

&Buzzとしては、この研究の結果は非常に興味深いものです。ガンマ線バーストという謎めいた現象の一部が解明されたことで、私たちは宇宙の不思議な世界にさらに近づいたと言えます。今後の研究で、相対論的刃が恒星の運命にどう関与しているのか、さらなる解明が待たれます。この研究を応援し、その結果に注目していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました