【&Buzzの口コミニュース】急増する通信制高校、設置認可を厳格化へ…不登校生らの「受け皿」20年間で2倍以上に : 読売新聞

&Buzzの一般ニュース

文部科学省は、通信制高校についての設置審査基準を初めて設ける方針を固めました。通信制高校は近年、不登校生や多様な生徒の学び場として急増していますが、一部では不適切な教育活動も見られます。それを受けて、文部科学省は教育の質を確保するため、審査基準を都道府県に示し、設置認可の厳格化を図ることになります。

これまで通信制高校については、省令で最低限の要件が定められているだけで、具体的な審査基準は示されていませんでした。そのため、教育計画や適切な定員設定、教育・保健衛生上の立地などの基準を示すことで、通信制高校の質の向上を図る狙いがあります。

通信制高校は働く若者に教育の機会を提供するために制度化され、近年は不登校の受け皿としての需要が高まっています。2003年の構造改革特区で株式会社による学校運営も認められたことから、急激に増加しています。

しかし、15年にはウィッツ青山学園高校による国の就学支援金の不正受給や不適切な教育活動が発覚し、その後の調査でも複数の通信制高校で不適切な教育活動や学校運営が確認されています。

&Buzzとしては、このような措置は重要であり、教育の質を向上させる一助となるでしょう。一部の通信制高校での不適切な教育活動は、生徒の学習環境や将来に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。設置認可の厳格化によって、生徒の安全な学び場を確保することができるのは良いことです。今後は審査基準の具体化と適用が重要となりますが、教育機関や関係者の協力によって、通信制高校の品質向上が図られることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました