【&Buzzの口コミニュース】幼児期の脳活動から18歳時点でのIQを予測できるという研究結果 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

&Buzzの口コミニュースによると、幼児期の脳活動から18歳時点でのIQを予測できるという新たな研究結果が示されたそうです。この研究では、乳幼児期の安静時脳活動と後年のIQの関連が調査され、安静時脳活動中のシータ波の量が18歳時点のIQと有意に相関していることが明らかにされました。

この研究結果は、幼児期の脳の発達が将来の認知機能に影響を与えることを示唆しており、子どもの早期の環境や養育方法が重要であることを示唆しています。また、施設での養育と里親養育の介入が安静時脳活動に影響を与え、それが成人期までの認知結果を予測する可能性も示されました。

&Buzzとしては、この研究結果が将来の子どもの教育や養育においての指針となることを期待しています。幼少期の安心できる環境づくりや適切な刺激の提供など、子どもの脳の発達を支援するための取り組みが求められるでしょう。この研究によって、子どもに最適な環境を提供することの重要性が再確認されました。&Buzzとしては、子どもたちの健やかな成長と発達を見守りながら、これらの研究結果を活かしたアプローチを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました