【&Buzzの口コミニュース】年金を増やす、50代の備え 共働き・繰り下げで4割増も – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【&Buzzの口コミニュース】年金を増やす、50代の備え 共働き・繰り下げで4割増も – 日本経済新聞

&Buzzとしては、日本年金機構からの「ねんきん定期便」が、老後資金が心もとないと思っている50代の方々にとって、重要な情報源となることが分かりました。現状の収入や働き方、年金の受給開始時期を工夫することで、老齢年金の見込み額を増やすことができることが示されています。社会保険労務士の井内義典氏によれば、公的年金に不安を抱える50代の相談者が多く、その中には「公的年金をこれ以上増やせないでしょうか」といった疑問を抱く人々もいるとのことです。

ねんきん定期便は、50歳以上の会社員に送付されるものであり、60歳まで現在の収入で働く場合の老齢年金の見込み額が記載されています。これによって、老後資金が不足していると感じた人々が相談をするケースが増えています。

&Buzzとしては、この記事を通じて、50代の方々にとって年金に関する情報を得る重要性が浮き彫りになりました。現状の収入や働き方、年金の受給開始時期について工夫をすることで、老齢年金の見込み額を増やすことができますので、今後も定期便などの情報源を積極的に活用して、老後に備えることが重要だと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました