【&Buzzの口コミニュース】巨人 原辰徳監督が今季かぎりで辞任 後任は阿部慎之助氏に | NHK | プロ野球

&Buzzのスポーツニュース

2023年10月4日 23時02分

プロ野球

今シーズン4位が確定したプロ野球、巨人の原辰徳監督(65)が、3年連続で優勝を逃した責任を取り、3年契約の2年目となる今シーズン限りで辞任するとともに、原監督のもとでヘッド兼バッテリーコーチを務めている阿部慎之助氏に後任を託すことを明らかにしました。

原監督 試合後セレモニーで「辞任します」

注目
原監督 試合後セレモニー「期待に応えられず 私の責任」

注目
阿部慎之助コーチ「重圧感じ 身の引き締まるところ」

巨人 山口オーナー「原監督にオーナー付特別顧問を依頼」

原監督 試合後セレモニーで「辞任します」

注目
原監督 試合後セレモニー「期待に応えられず 私の責任」

注目
阿部慎之助コーチ「重圧感じ 身の引き締まるところ」

巨人 山口オーナー「原監督にオーナー付特別顧問を依頼」

3年ぶりのリーグ優勝を目指した巨人は今シーズン、スタートダッシュに失敗して4月半ばには一時最下位に転落するなど序盤から苦しみました。その後も、優勝争いに加われないまま、昨シーズンに続き4位となることが確定していて、3年連続で優勝を逃したほか、2年連続でクライマックスシリーズに進出できませんでした。巨人で同じ監督が2年連続で4位以下に終わるのは初めてです。

原監督は今シーズン最終戦となる4日夜の東京ドームでのDeNAとの試合後のセレモニーで「辞任します」と話し、3年連続で優勝を逃した責任を取って3年契約の2年目となる今シーズン限りで辞任することを明らかにしました。

さらに「若い新しいリーダー、阿部慎之助君にチームを託す決断をしました」とも話し、原監督のもとで現在、ヘッド兼バッテリーコーチを務めている阿部慎之助氏に後任を託すことも明らかにしました。

原監督は2002年に長嶋茂雄さんの後を継いで監督に就任してその年に日本一に輝き、2006年からは10年間監督を務めて6回のリーグ優勝と2回の日本一にチームを導きました。そして、2019年から三たび監督を務めていて、最初の2年でリーグを連覇しましたがその後の3年間は優勝から遠ざかっていました。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました