【&Buzzの口コミニュース】巨人、CS出場が絶望的状況 痛恨の2戦連続完封負けで3位と4差…原政権”初”の屈辱ピンチ | Full-Count

&Buzzのスポーツニュース

DeNA 1ー0 巨人(26日・横浜)
 巨人は26日のDeNA戦(横浜)に敗れ、再び借金1。クライマックスシリーズ(CS)進出は極めて厳しい状況に追い込まれた。残り4試合で3位DeNAとのゲーム差は4。残り5試合のDeNAは1引き分けでAクラスが確定する。

巨人はこの日も打線がリーグ最多勝の左腕・東の前に沈黙した。2回に1死満塁のチャンスをつかむも、吉川、山崎伊が連続三振。3回の1死一、二塁では岡本和、大城卓が凡退した。すると3回、先発の山崎伊が大田に適時二塁打を浴びて先制された。結局この1点が重くのしかかり、2試合連続完封負けを喫した。

8回無失点の東は最多勝争いで断トツの16勝目(2敗)。1983年の遠藤一彦氏に並ぶ球団記録の12連勝をマークした。

巨人はこの日までのDeNAとの3連戦に1勝2敗で負け越し。CS進出は一気に遠のいた。残り4試合に全勝しても、DeNAが残り5試合で1引き分け以上で、2年連続Bクラスが決定する。巨人の2年連続Bクラスは2005年(5位、堀内監督)と2006年(4位、原監督)の1度だけ。同じ監督による連続Bクラスはない。原監督が屈辱にまみれてしまうのか。”奇跡”を信じて残り4試合を勝ち続けるしかない。

【&Buzzの感想】この試合の結果により、巨人のCS進出は非常に厳しい状況となりました。特に、打線がリーグ最多勝の東の前に沈黙し、連続完封負けを喫したことは大きな課題です。しかし、原監督を信じて、残りの試合を全勝することで奇跡を起こす可能性もあると思います。&Buzzは巨人を見守って応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Full-count.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました