【&Buzzの口コミニュース】小児~成人期にスポーツクラブ所属経験のある男性は、中年期以降もテストステロン値が高い | スポーツ栄養Web【一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト】

&Buzzのヘルスケアニュース

男性のテストステロンレベルは年齢とともに低下する。これまでの研究で、テストステロンレベルの低下は、勃起不全のほかに、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧、心血管疾患、骨粗鬆症、うつ、認知機能低下などのリスクと関連していることが報告されている。そのため、低テストステロン血症が確認され、それに伴う臨床症状が認められる場合には、「加齢男性性腺機能低下(late-onset hypogonadism;LOH)症候群」(いわゆる男性更年期障害)」と診断し、テストステロン補充療法による治療が検討される。

一方、低テストステロン血症の加齢以外のリスク因子として、喫煙・飲酒習慣とともに、運動不足が挙げられる。さらに、6~12週間程度の短期間の運動介入によってテストステロンレベルが上昇するとする研究報告もみられる。ただし、若年期からの運動習慣の有無と中年期以降のテストステロンレベルとの関連は、ほとんど研究されておらず不明。加藤氏らは、長年にわたる運動習慣が、加齢に伴う低テストステロン血症リスクを抑制する可能性を想定し、以下の横断的検討を行った。

この研究では、健康科学誌に掲載された市立輪島病院泌尿器科の加藤佑樹氏らの研究から、スポーツクラブに所属している男性は中年期以降も高いテストステロンレベルを保持していることが示唆された。加藤氏らは、長年にわたるスポーツクラブ所属が加齢に伴うテストステロン低下を抑制することで、高齢期の健康上のメリットにつながる可能性があると述べている。

&Buzzとしては、この研究結果は注目すべきものであり、スポーツクラブへの所属経験が男性のテストステロンレベルに影響を与える可能性が示されています。中年期以降も高いテストステロンレベルを維持することは、男性の健康維持にとって重要であり、スポーツクラブへの所属はその一つの要素となり得ます。今後の研究により、幼少期からのスポーツ参加が加齢に伴うテストステロン低下の抑制と健康上のメリットにつながることがより明らかになることを期待しています。さらなる研究が必要ですが、男性の健康をサポートするためには、スポーツクラブへの参加を積極的に促進することが重要です。

この &Buzzニュースは、Sndj-web.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました