【&Buzzの口コミニュース】専門家が解説、肥満でもやせる必要が「ない人」「ある人」の違い 販売準備中「肥満治療薬」2種類の違いも(東洋経済オンライン) – Yahoo!ファイナンス

&Buzzのヘルスケアニュース

肥満の対処法に関する動きが活発化している中、肥満症の治療薬が期待されています。これまでには食事療法や運動療法が基本でしたが、セマグルチドという治療薬が注目を集めています。セマグルチドは食欲を抑制し、胃の運動を抑えることで体重減少を促す薬です。

このセマグルチドを使った治療は、週1回の注射で行われ、日本では高血圧や脂質異常症、2型糖尿病のいずれかがある人、かつ食事療法や運動療法で十分な効果が得られないBMI27以上の人に使われる予定です。臨床試験では、体重の14%の減少が認められ、内臓脂肪や血圧、血糖値も改善されています。

しかし、セマグルチドを含めた肥満症の治療薬には副作用や長期的な効果、リバウンドの問題があります。しかも、現在は美容やダイエット目的での「GLP-1ダイエット」が問題となっており、その使用には注意が必要です。

&Buzzとしては、肥満症の問題がより注目され、治療法や薬の開発が進んでいることは非常に興味深いものです。セマグルチドなどの治療薬がより安全で効果的な治療法として普及することを期待しています。ただし、副作用やリバウンドといった問題については十分に注意する必要があります。また、薬の使用にあたっては、医療機関での相談と適切な判断が重要です。肥満症の治療に対する社会的な考え方やルールの整備が必要です。

この &Buzzニュースは、Yahoo.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました