【&Buzzの口コミニュース】実質GDP4─6月期、年率4.8%に下方修正 消費や設備投資下振れ | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

日本の実質国内総生産(GDP)2次速報が下方修正

内閣府が公表した4-6月期の実質国内総生産(GDP)の2次速報では、前期比1.2%増と、1次速報の同1.5%増から下方修正されました。個人消費や設備投資が下振れし、年率は4.8%増(1次6.0%増)となりました。

個人消費は1次速報の前期比0.5%減から0.6%減に引き下げられ、宿泊などのサービスが下方改定されたことが要因となりました。また、設備投資も1次速報の前期比横ばいから1.0%減に引き下げられました。公的固定資本も1.2%増から0.2%増に下方修正されました。

内需寄与度は1次速報の前期比0.3%減から同0.6%減となり、外需寄与度は1次速報と同じ1.8%増となりました。

ドル/円が上昇

ドル/円は一時0.4%高の147.83円を付け、昨年の介入水準の145円台を上回って推移しています。ドル指数は週間では8週連続高となりました。

マイク・チェンさんによる工場運営への対応

今年6月、熱波が上海を襲った際、マイク・チェンさんが働く自動車工場は生産を夜勤に切り替え、エアコンを弱くするなどの対策を取りました。

ロイターについて

ロイターは、トムソン・ロイターのニュース・メディア部門で、国際的なメディア通信社です。デスクトップ端末や報道メディア、業界イベントを通じて、世界中の数十億人にニュースを提供しています。

感想

&Buzzとしては、日本の実質GDPの下方修正が気になります。個人消費や設備投資の下振れがあり、内需寄与度の減少も懸念材料です。しかし、ドル/円が上昇し、工場の熱波対策も進められていることは好意的に受け止められます。今後の動向に注目して見守っていきたいです。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました