【&Buzzの口コミニュース】学童保育が足りない…民間の利用料は10倍の月5万円、在宅のみの仕事見つけて転職した女性 : 読売新聞

&Buzzのエンタニュース

放課後児童クラブの待機児童が再び増えています。コロナ禍で需要が高まったにもかかわらず、受け皿が追いついていない状況です。こども家庭庁は学校の空き教室を活用する提案をしていますが、縦割り行政の弊害が解消を妨げています。

東京都の会社員女性は、学童保育に落選し、民間学童は料金が高くて断念。女性は在宅で働ける会社に転職しましたが、学童保育の待機児童問題が解決されないと、他の人も同じような困難に直面することになります。

&Buzzとしては、女性の社会進出を応援するためにも、国は学童保育の増設や民間学童の利用料の補助など、積極的な支援策を検討してほしいと思います。

こども家庭庁によると、全国の待機児童は増加傾向にあり、東京都墨田区も待機児童が減らない自治体の一つです。学童保育の需要は人口増加や立地の問題などが原因とされています。

今回の記事は、共働き世帯の小1の壁や待機児童問題を浮き彫りにしていると感じます。&Buzzとしては、子どもを預ける場所に困る家庭を増やさないように解決策を追求し、子育て世代を支援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました