【&Buzzの口コミニュース】大阪万博のパビリオン、39か国で工事業者が未定…自前で建設予定60か国で:地域ニュース : 読売新聞

&Buzzのビジネスニュース

2025年大阪・関西万博において、海外パビリオンの建設が遅れている問題が発生しています。運営主体の万博協会によると、予定していた60か国のうち20か国が工事業者を確保していますが、なお39か国が工事業者を決めていない状況です。この問題は、資材費の高騰や人手不足が原因となっており、タイプAのパビリオンを建設する予定だった国々において、工事業者の探しに苦労しています。

万博協会は、8月中旬に参加国に対し、簡易なパビリオンへの移行を提案しました。これにより、万博協会自身がパビリオンの建設を行い、工事を加速させることを目指しました。現在は、1か国のみがこの提案に応じることを決めており、他の国々での移行の意欲はまだ十分ではありません。

万博協会はこの問題に対応するため、新たな理事2名を選任しました。そして、会場建設費については、当初の予想を超える増加が見込まれています。負担の分担割合については、国と大阪府・大阪市、経済界が3分の1ずつ負担することになっています。現在、政府との間で具体的な増額額について調整が行われており、その結果によって負担額が増えることが予想されます。

&Buzzとしては、この問題に対して注目が必要であり、関係者が一丸となって解決に取り組むことを期待しています。海外パビリオンの建設が進まないことは、万博の成功に大きな影響を与える可能性があります。工事業者の確保や費用の増加といった課題を解決し、順調に建設が進むことを願っています。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました