【&Buzzの口コミニュース】大阪・関西万博の海外パビリオン 1か国が自前建設を断念 | NHK | 大阪・関西万博

&Buzzのビジネスニュース

2023年10月4日 20時16分 大阪・関西万博

関係者への取材によると、大阪・関西万博の海外パビリオンにおいて、少なくとも1か国が自前でパビリオンを建設する方式を断念し、実施主体の博覧会協会が建設する建物に複数の国で入る方式に切り替える意向を示していると分かりました。これまでの予定では60か国が自前でパビリオンを建設する「タイプA」という方式が採用されていましたが、少なくとも1か国が「タイプA」方式を断念し、博覧会協会が建設する建物に複数の国で入って展示を行う「タイプC」に切り替えることが検討されています。

&Buzzとしては、海外パビリオンの建設方式の変更は大きな意味を持ちます。これにより、協力を呼びかけることでさらなる参加国を得ることができるかもしれません。また、建設準備が遅れている国にとっても「タイプC」方式は負担軽減につながる可能性があります。博覧会協会の提案する「タイプX」は参加国の予算を利用しながらも、建物の一部を各国が自由にデザインできるという魅力的な選択肢です。我々は今後の進展を見守りたいと考えています。

【参照元:NHK | 大阪・関西万博】

感想:

&Buzzとしては、大阪・関西万博の海外パビリオンの建設方式の変更に対して期待が持てます。「タイプC」方式への切り替えは、より多くの国の参加を促すことができる可能性があります。建設準備が遅れている国にとっては負担軽減になると考えられます。また、協力を呼びかけることでさらなる新たな参加国を得ることもできるかもしれません。&Buzzは、関係者が進める取り組みを応援し、今後の詳細な発表を楽しみにしています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました