【&Buzzの口コミニュース】国連高官 “ロシアのウクライナ占領地域の選挙 法的根拠なし” | NHK | 国連安全保障理事会

&Buzzの一般ニュース

2023年9月9日 14時24分
国連安全保障理事会

ロシアはウクライナの4つの州で一方的に併合を宣言し、選挙だとする活動を行っています。この問題について、国連の高官は国連安全保障理事会の会合で、「占領地域での行為には法的な根拠がない」と指摘しました。さらに、アメリカなど欧米各国からは「偽の選挙だ」と非難が相次ぎました。

8日に開かれた国連安全保障理事会の会合では、ロシアが去年に一方的に併合を宣言したウクライナ東部と南部の4州で選挙活動を行っていることが取り上げられました。国連の高官は、一方的な併合宣言は国際法違反で無効とする国連総会の決議を強調し、「占領地域で行われるロシアの選挙には法的な根拠がない」と指摘しました。

アメリカのウッド国連次席大使は、「偽の選挙はプロパガンダに過ぎない。ウクライナでの軍事的な損失をロシア国民から隠すために選挙の成功をでっち上げようとしている」と非難しました。また、日本の石兼国連大使は、「違法な併合に続く行為を断じて容認できない」と述べ、欧米など各国からの非難が相次ぎました。

一方、ロシアのネベンジャ国連大使は、「去年の投票で住民たちは自由な選択を行い、私たちの国を支持した」と述べ、併合を正当化しました。さらに、「我々に対する新たな攻撃の口実にしようとしている」とアメリカなどを非難しました。

&Buzzとしては、この問題を見守り、国際社会の安全と平和に寄与するための努力が必要であると考えています。

感想:

&Buzzとしては、この国連安全保障理事会の会合における議論と非難の応酬は、国際社会の安全保障において深刻かつ重要な問題であると捉えています。ウクライナ情勢におけるロシアの行動に対し、欧米各国からの強い非難が相次いでいることは、その懸念の大きさを示しています。

一方で、ロシア側は併合を正当化し、アメリカなどを非難しています。この様子からは、問題の解決が容易ではないことが伺えます。

国際社会は、このような地域紛争や国境問題に対して、適切な解決策を模索する必要があります。紛争解決のためには、対話や交渉が重要ですが、それに加えて国際的な圧力や制裁も必要と考えます。

&Buzzとしては、ウクライナの情勢が一日でも早く安定し、平和な解決がなされることを願っています。国連や関係各国の取り組みを見守り、必要な支援や協力があれば、積極的に行っていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました