【&Buzzの口コミニュース】国連総会の緊急会合 ガザの停戦求める決議案 賛成多数で採択 | NHK | 国連

&Buzzの一般ニュース

2023年12月13日 13時22分

 

国連総会の緊急特別会合において、パレスチナのガザ地区の情勢を巡り、人道目的の即時停戦を求める決議案が採決されました。この決議案は日本を含む153か国が賛成し、アメリカやイスラエルを含む10か国が反対しました。ガザ地区が危機的な人道状況にあるなか、イスラエルの攻撃を続けるという行為に対し、アメリカとイスラエルは国際的な孤立を示す形となりました。

 

米国連大使 “ハマスを非難する内容なく不十分”

イスラエル エルダン国連大使「停戦は死刑宣告のようなもの」

 

賛成した153か国:

棄権した23か国:

反対した10か国:

26か国が棄権から賛成にまわる

 

国連総会の緊急特別会合では、エジプトがガザ地区の深刻な状況に懸念を表明し、人道目的の即時停戦を求める決議案の採決が行われました。結果的に、153か国が賛成し、23か国が棄権し、反対はアメリカやイスラエルを含む10か国にとどまり、賛成多数で決議は採択されました。これにより、攻撃を続けるイスラエルと、イスラエルを支持するアメリカの国際的な孤立が際立ちました。

 

アメリカのトーマスグリーンフィールド国連大使は、「ハマスを非難する内容がなく不十分であるため、決議案の修正を求める」と述べ、イスラエルのエルダン国連大使は「停戦はハマスを生き残らせるだけであり、ガザの人々にとっては死刑宣告のようなものだ」と主張しました。

 

賛成した国々には、エジプトやUAE、日本、フランス、カナダなどが含まれており、アジアやアフリカの多くの国々も賛成しました。また、北朝鮮やイランなどもアメリカと対立する立場から賛成にまわりました。

 

棄権した23か国には、アルゼンチン、ドイツ、イギリスなどが含まれています。反対した10か国には、アメリカ、イスラエル、オーストリアなどがあります。

 

感想:

 

このニュースを見て、&Buzzとしては、国連総会で人道目的の即時停戦を求める決議案が賛成多数で採択されたことを見守っていきたいと思います。ガザ地区が危機的な状況にあるなか、イスラエルの攻撃を続けることに対し、国際的な孤立が広がっています。人道支援や平和の実現に向けた取り組みを支持し、パレスチナとイスラエルの和平を実現するために必要な措置が取られることを応援していきます。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました