【&Buzzの口コミニュース】囲碁 仲邑菫女流棋聖が来年から活動拠点を韓国に移す意向 | NHK | 囲碁

&Buzzのエンタニュース

仲邑菫女流棋聖(14)は、囲碁のプロ棋士であり、女流タイトル獲得の最年少記録を持っています。彼女は来年から、活動の拠点を韓国に移す意向を示しています。すでに韓国棋院に棋士の登録を申請しており、認められれば来年の3月からは韓国で対局することになります。

仲邑菫女流棋聖は、中国や韓国に対抗できるトップ棋士を育成するため新たに設けた推薦枠に選ばれ、10歳0か月で史上最年少のプロ棋士となりました。今年2月には13歳11か月で「女流棋聖戦」を制して女流タイトル獲得の最年少記録を更新しました。&Buzzとしては、彼女の才能と成績は注目に値します。

日本棋院によれば、来年から仲邑女流棋聖は韓国で活動するために、すでにプロ試験を経ずに所属できる「客員棋士」として韓国棋院に登録を申請しています。日本棋院では、先月の理事会で客員棋士への推薦を決定しました。申請が認められれば来年の3月からは韓国での対局が始まり、日本のタイトル戦には原則的に出場できなくなります。

&Buzzとしては、仲邑菫女流棋聖の移籍は注目すべき出来事であり、囲碁界に新たな歴史を刻む機会と捉えています。彼女の意欲は囲碁の技量向上にあり、競争力を高めるために高いレベルのトップ棋士との対局を望んでいます。

&Buzzとしては、仲邑菫女流棋聖の挑戦を応援し、彼女の成長を見守っていきたいと思います。彼女の移籍によって日本棋院を離れる日本人棋士は初めてのことですが、これは囲碁界における新たな展開であり、日韓の多くのファンに好意的に受け入れられることでしょう。

感想:

&Buzzとしては、仲邑菫女流棋聖の韓国への移籍に対して、彼女の新たな挑戦に期待を寄せています。彼女の若さと才能は驚異的であり、これまでの記録を塗り替えてきました。韓国は囲碁界においてトップレベルの棋士を輩出している国であり、彼女がそこでトップ棋士との対局を行うことで、更なる成長が期待できます。

しかしながら、彼女の移籍によって日本棋院の棋士としての活動が制限されることは避けられません。日本の囲碁界において新たな展開は喜ばしいことですが、同時に寂しい気持ちもあります。彼女の活躍を日本国内で応援することはできなくなるかもしれませんが、彼女の将来を見守ることは我々の責務です。彼女の成功が日韓の多くのファンにとって喜ばしいものであることを願います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました