【&Buzzの口コミニュース】古代人類の骨を宇宙に飛ばした宇宙旅行会社に考古学者が猛批判!人類の遺産は誰のもの? – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

考古学者たちは、2023年9月8日に宇宙旅行企業「ヴァージン・ギャラクティック社」のロケットに乗せられた2つの古代人類の化石に憤っています。化石はアウストラロピテクス・セディバとホモ・ナレディという古代人類の種類で、アウストラロピテクス・セディバは約180万年前、ホモ・ナレディは約30万年前から約25万年前のものです。これらの化石の宇宙旅行は、考古学者たちにとって問題であり、学術的な価値を失う可能性があると批判されています。この問題には、考古学的資料が私物化される可能性や、正しい研究への回帰が阻害されるといった悩ましい側面も含まれています。この宇宙旅行に選ばれた化石は、南アフリカのウィットウォーターズランド大学のリー・バーガー博士によって選ばれました。彼は過去にもこれらの化石の発見に貢献し、この宇宙旅行の困難性を理解している専門家です。
ところで、なぜ古代人類の化石が宇宙に飛び立つことになったのでしょうか?それは、「ヴァージン・ギャラクティック社」のミッションとして、宇宙旅行の実現可能性を示すためのデモストレーションとしての役割があったからです。古代人類の化石を宇宙に運ぶことで、重い物体を宇宙に輸送する技術や宇宙船の安全性などがテストされました。また、この宇宙旅行は一般の人々に宇宙旅行のロマンを感じさせるためのパフォーマンスでもありました。しかし、この試みが古代人類の化石の学術的価値を損なう恐れがあるとする批判もあります。今後、このような宇宙旅行の持つリスクと利益を慎重に考えなければなりません。&Buzzとしては、古代人類の化石が失われることなく、適切な研究に活用されることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました