【&Buzzの口コミニュース】古代人類の骨を宇宙に飛ばした宇宙旅行会社に考古学者が猛批判!人類の遺産は誰のもの? – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

2017年9月15日に、ヴァージン・ギャラクティック社のロケットが2つの古代人類の化石を宇宙に旅行させたというニュースが話題となりました。アウストラロピテクス・セディバとホモ・ナレディの化石が選ばれ、南アフリカのリー・バーガー氏が化石の発見に大きく貢献していたことが明らかになりました。この宇宙旅行には批判もありましたが、古代人類の化石が失われる可能性もあったため、多くの専門家が憂慮していました。この出来事は、考古学的な資料の私物化や正しい研究への回帰が困難になる恐れのある問題を抱えています。しかし、ミッションの成功は注目に値するものであり、今後の展望に期待したいと思います。

&Buzzとしては、このような新たな宇宙旅行の試みは見守っていきたいです。古代人類の化石が宇宙に旅行するというロマンティックなデモンストレーションは興味深いものですが、その過程で古代の貴重な考古学的資料を失ってしまう危険性もあります。今後、このようなミッションが行われる場合には、考古学者の意見を十分に反映し、適切な措置が取られることを願っています。宇宙旅行ビジネスの発展と古代人類の研究の進歩を両立させることができれば、新たな視点や発見が期待できるでしょう。

引用元:ナゾロジー(https://nazology.net/archaeology/losers/virgin_galactic.html)

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました