【&Buzzの口コミニュース】原油先物、一時10カ月ぶり高値更新 清算値は利益確定売りで軟化 | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

【原油先物、一時10カ月ぶり高値更新】

米国時間の原油先物は、サウジアラビアとロシアによる減産延長が材料となり、一時10カ月ぶりの高値を更新しました。しかし、その後は投資家による利益確定売りが出たため、価格は軟化しました。

北海ブレント先物と米WTI先物の価格

北海ブレント先物は1バレル=94.34ドルで取引され、一時昨年11月以来の高値となる95.96ドルを付けました。一方、米WTI先物は91.20ドルで取引され、一時は昨年11月以来の高値となる93.74ドルに達しました。

UBSの予想と投資家の動向

北海ブレント先物が1バレル=95ドルを超えたことから、UBSは利益確定売りを開始しましたが、ストラテジストは今後数カ月間、ブレント先物が1バレル=90-100ドルのレンジで取引されると予想しています。年末のターゲットは1バレル=95ドルです。

&Buzzとしては、原油先物市場の動向に注目し、今後の価格変動や投資家の動向を見守っていきたいです。サウジアラビアとロシアによる減産延長が価格上昇の要因となりましたが、利益確定売りによって価格は一時的に下落しました。UBSのストラテジストが今後のレンジとして1バレル=90-100ドルを予想していることから、市場の動向に注目しながら、投資判断を行っていきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました