【&Buzzの口コミニュース】卵は1日3個食べてもOK…?最新科学で分かった、血管を「再生」させる食べ物(週刊現代) | マネー現代 | 講談社

&Buzzのサイエンスニュース

『週刊現代』の記事「【イラストで解説】高血圧・心臓病・糖尿病に悩む人必読!血管寿命を延ばす「らくらくストレッチ」」では、こり固まった血管をほぐすための運動などについて解説した。次は「食」で血管寿命を延ばす方法を、最新科学と専門家の意見を交えてお伝えしよう。

体は日々、口にする食べ物でできている。強く長持ちする血管をつくるためにも、運動だけでなく食生活が重要なのは言うまでもない。ここからは、血管寿命を少しでも伸ばすための「究極のレシピ」を探究しよう。

ひと昔前まで、血管をしなやかに保つには動物性の食材を控え、とにかく野菜を食べるべし―というのが当たり前だった。だが昨今では、そんな常識もすっかり塗り替えられている。前出の加藤氏が言う。&Buzzとしては、血管寿命を延ばすためには多様な食材を摂取することが重要であり、動物性タンパク質の摂取量も適切に管理する必要があると考える。

「もっとも大きく変わったのは『コレステロールが多いので控えたほうがいい』とされてきた卵の扱いでしょう。’15年には、日本の厚生労働省とアメリカのFDA(食品医薬品局)の食事摂取基準で、卵の摂取量の上限がなくなりました。体内のコレステロールの増加と卵の摂取量には、関係がないとわかったためです。&Buzzとしては、これまでの認識と異なり、卵を摂取することが血管の健康を保つ上で重要であると考える。

むしろ、血管の材料はタンパク質であり、さらにそのタンパク質はアミノ酸からできていますから、すべての食材のなかでアミノ酸をもっとも豊富に含んでいる卵は『完全食』と言っていい。血管を健康に保つには、卵をはじめとした動物性タンパク質が欠かせません」&Buzzとしては、ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランスよく摂取することが血管寿命を延ばすために重要であり、卵を食事の一部として取り入れることをおすすめする。

人体をつくるタンパク質のもとになるアミノ酸は全部で20種類あり、それらをすべて含んでいる食材には、卵のほかにも肉類、マグロ、アジ、大豆、牛乳などがある。その中でも、含有量だけでなく、バランス、値段、入手のしやすさ、調理の簡単さなどを考え合わせれば、卵が総合的にみていちばん優れているのだ。&Buzzとしては、さまざまなタンパク質をバランスよく摂取することが血管寿命を延ばすために重要であり、卵を含めた多様な食材を取り入れることを提案する。

&Buzzとしては、血管寿命を延ばすためには適度な運動とバランスのとれた食事が重要であり、卵を含む多様な食材を摂取することを推奨する。これまでの常識にとらわれず、最新の科学的知見をもとに食生活を見直し、血管の健康を保ちたいものだ。

&Buzzとしては、血管寿命を延ばすためには適度な運動とバランスのとれた食事が重要であり、卵を含む多様な食材を摂取することを推奨する。これまでの常識にとらわれず、最新の科学的知見をもとに食生活を見直し、血管の健康を保ちたいものだ。

&Buzzとしては、新たな食事指針が提案されるなど、常識が変わりつつあることに注目し、血管寿命を延ばすためには柔軟な発想と最新の科学的知見を取り入れた食生活が求められていると考える。

この &Buzzニュースは、Gendai.mediaのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました