【&Buzzの口コミニュース】協和キリン、英バイオ企業買収で遺伝子治療に参入|製薬業界きょうのニュースまとめ(2023年10月5日) | AnswersNews

&Buzzのビジネスニュース

【協和キリン】

協和キリンはHSC-GTの開発・販売を手がける英オーチャード・セラピューティクスを最大4億7760万ドルで買収すると発表しました。HSC-GTは、患者から採取した造血幹細胞に治療用の遺伝子を導入し、患者に投与する治療です。オーチャードは異染性白質ディストロフィー向けHSC-GT製品「Libmeldy」を欧州で発売済みで、米国でも申請中です。

【タカラバイオ】

タカラバイオは滋賀県草津市に新施設を建設し、mRNAワクチン原薬やmRNA製造用部素材の製造を行うと発表しました。新施設は経済産業省の補助金を受けて建設され、パンデミック時にはウイルスベクターワクチンやmRNAワクチンの原薬などを製造します。

【科研製薬】

科研製薬は原発性腋窩多汗症治療薬「エクロック」について、韓国での承認申請が行われたことを発表しました。エクロックはアセチルコリンの作用を阻害する外用ゲル剤で、日本では2020年から販売されています。

&Buzzとしては、協和キリンによるオーチャード・セラピューティクスの買収は、遺伝子治療の分野における協和キリンの成長と展開を期待するニュースです。HSC-GTは希少疾患の治療に有望な手法であり、オーチャードの製品「Libmeldy」の欧州での発売済みや米国での承認申請中の情報も期待感を高めます。また、タカラバイオの新施設建設により、mRNAワクチン原薬や製造用部素材の国内供給体制が強化されることで、コロナ禍や将来のパンデミック対策においても安定したワクチン供給が期待できます。さらに、科研製薬のエクロックについては、韓国での承認申請が進んでいることから、エクロックの海外展開が進むことでグローバルな需要を開拓する可能性があります。これらのニュースを見守りながら、協和キリンやタカラバイオ、科研製薬などの成長を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Ten-navi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました