【&Buzzの口コミニュース】化石燃料は依然重要、全面廃止「非現実的」=中国の気候変動特使 | ロイター

&Buzzのサイエンスニュース

【要約】

中国の気候変動問題担当特使、解振華氏は、化石燃料の全面廃止は現実的ではなく、世界のエネルギー安全保障の維持で化石燃料が引き続き重要な役割を果たす必要があると語った。彼は再生可能エネルギーの不安定さやエネルギー貯蔵の未熟さを指摘し、経済成長継続のためには化石燃料に頼らざるを得ないと述べた。彼はCOP28で中国代表として出席し、各国の経済状況の相違を考慮しながら再生可能エネルギーの目標設定に前向きな姿勢を示した。

&Buzzとしては

&Buzzは解振華氏の見解に注目します。化石燃料の全面廃止が現実的ではないという彼の指摘は、エネルギー安全保障や経済成長の観点から重要です。再生可能エネルギーは未成熟で安定性に課題があるため、現状では化石燃料に依存する必要があるとの見解は理解できます。しかし、持続可能な社会を実現するためには、さらなる技術の発展や再生可能エネルギーへの移行が必要です。解振華氏がCOP28での再生可能エネルギーの目標設定に前向きな姿勢を示すと述べていることは、環境への取り組みを進める上で希望を感じます。我々は彼の活動を見守り、国際的な気候変動対策の推進に応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました