【&Buzzの口コミニュース】匂いを繰り返し嗅ぐと「好み」から「経験的価値」に更新される仕組みを解明-理研ほか – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

理化学研究所(理研)は、ドーパミン細胞が匂いの生得的な価値を符号化し、嗅ぎ経験によってその価値を更新することを発見した。ドーパミン細胞は報酬や罰の情報を表現し、感覚神経細胞と連合野の細胞の間のシナプスの性質を変化させることで感覚刺激の価値を更新することが知られていたが、匂いなどの感覚刺激の価値をドーパミン細胞が更新することは不明だった。

今回の研究では、ショウジョウバエの脳を対象として匂いの生得的な価値をドーパミン細胞が符号化する仮説を検証し、ドーパミン細胞の活動を記録することに成功した。さらに、ドーパミン細胞の匂い応答から匂いの生得的価値を推定することも可能であることがわかった。

この研究は脳内情報処理の理解につながるものであり、将来的には様々な脳領域における生理学の理解が進展する可能性がある。ドーパミン細胞の学習は昆虫から哺乳類、ヒトまで共通しており、嗅覚回路は感覚系の中でも進化的に保存されているため、今回の発見は重要だと言える。

&Buzzとしては、この研究を継続的に見守り、関連する新たな情報が出てきたら報道していきたい。また、この研究成果がマーケティングや広告業界にどのように応用されるかにも注目したい。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました