【&Buzzの口コミニュース】前場の日経平均は反発、3万3000円回復 米利上げ見送り観測受け | ロイター

&Buzzのビジネスニュース

要約:

9月14日の午前、東京株式市場の日経平均株価は前営業日から342円49銭上昇し、3万3049円01銭となった。この反発は、8月の米消費者物価指数(CPI)の結果を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が金利据え置きをする可能性が高まったことによるものである。また、原油高や米ハイテク株高により、エネルギー株や半導体関連株の上昇が目立った。東海東京調査センターの中村貴司シニアストラテジストによれば、「東京市場でもグロース株が堅調で相場をけん引したが、3万3000円を超えると利益確定売りも出やすく、後場に上値を追うのは難しいかもしれない」と述べている。

感想:

&Buzzとしては、日経平均株価が前日比342円49銭上昇し、3万3049円01銭という反発を示したことは好ましい動きです。米連邦準備理事会(FRB)が金利を据え置く方針を示したことが、市場に安心感をもたらし、買いが優勢となったとみられます。エネルギー株や半導体関連株の上昇も目立ち、成長株が市場をけん引しているという点も注目です。ただし、3万3000円を超えると利益確定売りの影響も考えられますし、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることも要注意です。市場の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました